実行委員長挨拶

実行委員長:大友 康生

 皆さんはじめまして!
 第92回世田谷祭実行委員会会長の大友です。
ここ数年、新型コロナウイルスの影響により思い通りに過ごすことができない日々が続いていると思います。その中で世田谷祭の参加者や来場者など、携わる皆様が個々の個性や「色」を発揮できるように、本年度のテーマは、「パレット」としました。「パレット」にちなんだ色鮮やかな装飾や、初の試みである配信企画など多くの来場者、画面越しで見ている方々に楽しんでいただけると思います。2年ぶりの世田谷祭を皆様と共に”色”が輝きますように。

 最後になりますが、第92回世田谷祭を開催するにあたってご支援していただいた関係各所のみなさまに、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。


学園祭運営委員長挨拶

学園祭運営委員会運営委員長:飯塚万桜

「カラフル・キャンパス・カーニバル」

 東京都市大学世田谷祭は、様々なことが重なり2年ぶりの開催となります。しかしながら、そのブランクは皆様に楽しんでいただけるような企画を考える、有意義な時間となったはずです。現地での開催を経験していない実行委員だからこその、がらりと色彩が変わった次世代型の世田谷祭を、どうぞお楽しみください。

 最後にはなりますが、開催にあたりご協力賜りました教職員の方々や学園祭を支えてくださった皆々様に厚く御礼申し上げます。


学生部長挨拶

学生部長:飯島 正徳

「第92回世田谷祭の開催によせて」

 今年で92回目を迎える東京都市大学世田谷祭は、ほぼ1世紀の間、学生の手によって引き継がれてきました。昨年から引き続く新型コロナウイルス感染症拡大の影響もあり、世田谷祭では3年ぶりの開催となります。「人間万事塞翁が馬」ではありますが何事もポジティブに考えるなら、この2年間は新しいものにチャレンジするための良い機会だったと考えることもできます。その意味でも、今年は、オンラインの利点を最大限に活用した新しい世田谷祭として東京都市大学学園祭の歴史に新たな一歩を刻んでいただきたいと思います。

 今年は東京都市大学の学園祭テーマ「”調和”」のもと、新しく学園祭を彩るという意味で「パレット」を世田谷祭のテーマとして掲げ、学生が主体となって多くの新しい企画を準備してきました。3年ぶりの世田谷祭になりますが、参加者の皆様には、東京都市大学世田谷祭というカンバスに彩る新しい学園祭の姿をお見せできるように努力を重ねて参りました。今年度の世田谷祭が、参加者のみなさまに「個性豊かな、記憶に残る学園祭」となることを心から願っております。

カテゴリー: 世田谷祭とは